スプリトでクロアチアの民泊 アパルトマン(Apartman)宿泊記

【クロアチア】

2023年6月にクロアチアを旅行しました。

スプリトでは、初めてクロアチアの民泊 アパルトマンを利用しましたのでご紹介いたします。

夏のアドリア海沿いの街はホテル代高騰

ドゥブロブニクをはじめ、夏のハイシーズンにはアドリア海沿いの街のホテル代はとっても高くなります。

また、街自体がどこも小さいので、ホテルは比較的少なく、なぜか評価もあまり高くない(笑)便利な立地でないこともありました。

あと、旧市街のホテルは古いこともあり、いくらリフォームしても、配管が古いことなどもあるので、あまり個人的には好きではないのですよね。旧市街は建物が密集していることもあり、眺めもあまり良くないことが多いですしね。

民泊先進国のクロアチア 立地・コスパのよい「Sobe」「Apartment」

クロアチアは、民泊先進国で、Airbnbが流行る前から「Sobe」や「Apartment」という民泊が行われていたようです。

・「SOBE」(ソべ)一般のお家の部屋を貸し出す、民宿やホームステイのような民泊制度

・「APARTMAN(アパルトマン)」というアパートメントホテル(ライセンス制)

以前スペインで何度か「Airbnb」を利用したことがあるのですが、事前にオーナーさんと連絡を取り、チェックインの段取りが、少々面倒ではあるなと思いました。

ホテルのように常時スタッフがいないというのも心配ですしね。

ただ、今回のクロアチアでは、好みの立地にいいホテルがなかったこともあり「Apartment」にチャレンジしてみました。

ホテル検索サイトでホテルを探したのですが、同時に「Apartment」も多く出てきたので、そこで予約しました。

「Apartment」宿泊前のやりとり

今回、選んだのは「ヴィラ マテジュスカ ヘリテージ」 Villa Matejuska Heritag というところです。

6部屋あり、一棟丸ごとアパルトマンとして営業されていたので、フロントの方も随時いるかな??と期待しました(が、実際はそうではありませんでした。)

(一応 ホテル検索サイトには、フロントは8〜21時まで営業と書いてあったのですが。。。)

隣に、系列のレストランもあるので、いざとなれば誰かスタッフはいるかなという期待もありました。

チェックイン 14:00  チェックアウト 10:00 で時間外チェックインはできないという内容でした。

船は13時に到着するので、ランチでも食べて待っていようかなと思ったのですが、、

前日にメールが来て

「セルフチェックインで、アパートメントのドアはピンコードで開けて、お部屋は●番のお部屋です」

とメールが来たので、

早めに着くけど、チェックインできるかと聞いたらOKとのことでした。

スペインのAirbnbでは、管理人の方が直接マンションの前で待っていてくれたり、管理会社に鍵を取りに行ったりした経験があるのですが、セルフチェックインは、初めてでこんな方法もあるのかと思いました。

翌日も違うアパルトマンに泊まりましたが、そこもセルフチェックインでした。

アパルトマンまでのアクセス、周囲の様子

フェリーでスプリトに到着し、旧市街まで到着。

海沿いのプロムナードを通り、港とは反対側へ

プロムナードを歩いていくと教会と広場があり、その間の道を進みます。

この辺りも建物が密集していますね。

STUDENAC MARKETもありました。(コンビニ的スーパーマーケット)

行き止まりを左手に、進みます。この辺りも評価の高いレストランが多かったです。

このような小道沿いにあります。

Googleマップで見ながら近くまでは到着しましたが、やはりホテルではないので、見つけづらいですね。

隣には系列のレストランもありました。

こちらもなかなか評価は高いようでした。

外観↓比較的どこも小さい窓が多いですね。暑いからでしょうか。

アパルトマンの前の通り↓

反対側は、すぐ海に通じる道。

海沿いの通りにもすぐ出れます。

海沿いの道から見ると、アパルトマン方面は少し小高くなっています。↓

「アパルトマン」チェックイン

事前にメールできた番号で建物に入ります。

すぐ階段があり上の階へ。

フロントらしきものがありました。誰もいません。

アパルトマンは一応政府の基準もあり、星もついています。

予約したお部屋の写真からおそらくAticc(屋根裏)っぽい部屋でしたので、さらに階段を上がって行きました。

あれ、私たちのお部屋の番号がない、、、どこなのかな??

外に出るドアがありました。

テラスらしきところにテーブルがありました。

さらに上に上がれるようです。

一番上にお部屋がありました。

部屋の鍵が開いていてそのまま入れました。

テーブルの上に鍵が置いてありました。中からも鍵で施錠をするタイプでした。

屋根裏部屋(Aticc)ですね。

簡単なキッチンやテーブル、ベッドが2つあるお部屋。窓は小さめで薄暗いですかね。

Aticcだから暑いかなと思いましたが、大丈夫でした。

クーラーもちゃんとついていました。この時期クーラーは必須ですね。(実は、プリトヴィッツェではホテルなのに冷房がなかった。。)

ベッドは、上布団用なのかなシーツが置いてありました。

夜はクーラーを消して寝ましたが、しっかり冷えていたのでシーツだけでは寒くなったので上掛けを使いました。

クローゼットもあり、荷物台もありました。

28㎡と書いてありましたが、もう少し狭く感じるかな。

今回は、翌日も朝早く、寝るだけなのでいいかなとは思いましたけど。

この時早めに予約して15000円ほど、ピーク時は2万円越えです。日本だともっといいホテルに泊まれますよね。

アドリア海高いな。。

ちなみにこういった屋根裏ではないお部屋もありますが、この時期空いていたのはこちらだけでした。

簡単なキッチンはありましたが、フライパンなどの調理器具はなかったですね。

食器などもあり、スーパーで簡単なものを買ってきて食べることもできますね。

冷蔵庫もあります。

バスルーム↓シャワーのみです(今回のクロアチア旅は全行程シャワーのみでした)夏だからまあいいか。

アパルトマンで浴槽付きは、ほぼ見なかった気もする。

そして、気をつけなければいけないのが、こちらのタンクですね。

シャワーのお湯は日本では珍しいタンク式(スペインでも多い)お湯を使いすぎるとお湯切れが発生します。

一度タンクのお湯がなくなると、沸くまでに時間がかかりますから注意が必要ですね。

夏だから小さめのタンクでも大丈夫かなと思いました。ちなみに私のスペインの滞在先はこの倍以上の大きさです。

タオルは、バスタオルのみでした。ちょっとこれは、残念ポイント。フェイスタオルも欲しいところ。

翌日宿泊したアパルトマンではちゃんとフェイスタオルもありましたけどね。

ドライヤーもありました。トイレットペーパーもたくさんあって安心。ティッシュは無しでした。

少し物足りなさもありますが、お部屋は清潔だったのでよかったです。

洗濯機などはついていませんでしたね。

お部屋の共用のベランダにはテーブルがありました。

ホテルサイトだと、こちらも自分たち専用かのような写真があったのでちょっと残念。使いませんでした。

旧市街近くということもあり、建物が古いところが多いですね。インテリオールは、近所の人たちと目が合いそうな近さです。

隣のお部屋の人がうるさかったら嫌だなと思いましたが、静かに過ごせました。

ちょうど、14時ぐらいに出た時に、スタッフの方にお会いしました。

明日、早くチェックアウトしたいと伝えたら、鍵をかけてフロントに鍵を置いて出ていっていいと言われました。

スタッフの人にお会いしたのは一度だけでした。

近くには大型スーパーもあり便利

せっかくApartmentに泊まったので、スーパーでハムやフルーツ、パンなどを購入して朝食などもいただきました。

このKonzumが一番お手頃価格で、品揃えも豊富でした。

こちらはコンビニ的スーパー。ちょっとしたものを買う時に便利です。

まとめ:さすが民泊先進国、スムーズにチェックイン・アウトができました

  • バルセロナでのAirbnbの経験から、チェックインやアウト時の鍵の受け渡しとか面倒かなと思っていました
  • しかし、さすが民泊先進国、1回も会わなくてもおそらく、チェックイン・アウトは完結できそうでした
  • 初めて、クロアチアでアパルトマンに宿泊しましたが、意外と便利でびっくりしました
  • 前評判で評価が高めなところにしましたが、お掃除も比較的ちゃんとしてあって安心して利用できました
  • スペインより綺麗かも(笑)国民性でしょうか。

楽天
【クロアチア】
『Travel & Live Abroad』〜海外旅行&生活情報〜
タイトルとURLをコピーしました