マラガ空港(AGP) Vueling航空チェックイン/空港ラウンジ/スペイン・アンダルシア旅行

【アンダルシア】

2023年1月 スペイン・アンダルシア地方 マラガを旅行しました。その際に利用しましたマラガ空港の様子をご紹介いたします。

マラガ市内から空港へのアクセス

空港へは、市内からバスまたは鉄道の近郊線(セルカニアス)C1ラインを利用します。

今回はホテル近くのMalaga Centro Alameda駅からセルカニアスに乗車。

4駅、11分ほどで空港に到着します。20分毎に運行と比較的便利です。

クレジットカードのタッチ決済が使え、改札にクレカをタッチすればOKです。

近郊線は、MalagaーZambrano駅(鉄道の玄関口)も通ります。

Aeropuerto駅到着。↓

改札を出るときに、入り口でかざしたクレジットカードをタッチします。

バルセロナやマドリードよりも便利でびっくりしました。

到着口は、こちらの地上階でしたが、今回は出発フロアへエスカレーターであがります。

鉄道やバス乗り場もコンパクトにまとまっているし、市内からも近いしとても利便性が高い空港です。

出発階にあがってきました。

マラガ=コスタ・デル・ソル空港(AGP)  出発フロア

別名パブロ・ルイス・ピカソ国際空港と呼ばれているそうです。

アンダルシア地方で唯一の国際空港であり、スペイン南部を周遊する場合の玄関口となります。

入るとすぐに保安検査場がありました。↓

今回は、、、まだ遅延などはなさそうですね。

LCC Vueling航空 マラガ発ーバルセロナ行 チェックイン

今回は、預入荷物もなく、すでに搭乗券をアプリやオンラインで発券しているため、チェックインカウンターでの受付は必要ありません。

自動チェックイン機もあります↓

出発フロアの様子

お水は、自動販売機がお求めやすい価格でした。ただ、保安検査場の前ですのでまだ購入できないですけど。。

自動販売機のカフェもありました。

保安検査場から制限区域へ

マラガの空港はだだっぴろくて、お店は制限区域外はほどほどにしかありませんでした。

ということで、保安検査場へ。

保安検査場を8分ほどで通過しました。

制限区域内の様子

国際空港だけあって、Duty Freeの化粧品やお土産コーナーは充実しています。

マルベージャ・マラガ出身の有名ミシュランシェフDANI GARCIA(ダニ・ガルシア)の「BIBO」というお店がありました↓

お写真を見て、美味しそうかも。。。と思ってみてみると。。

実物は、あまりそそられず。↓

空港内は、けっこう広かったですね。

EU・シェンゲン協定外のゲートは、、BCになるのかな。

BCゲートでもシェンゲン協定内やスペイン国内線の便もありそうですね。

2階にはバーガーキングもありました。

ラウンジでちょっと休憩します。

マラガ空港 ラウンジ

プライオリティパスでも入れるラウンジ。

とても広いことにびっくりです。ただ、電源があるところが少なかったです。

メニューも、なんだかおしゃれでした。

ヨーロッパでは珍しく、ペットボトルのお水もありました。↓

ビールはCruz Campo

なんだか、マラガはバラエティにとんでいました。

ただ、お腹がまだ空いていなかったので、飲み物だけ。電源がある隅っこの席を確保。

19:30 バルセロナ行きやっとゲートがでました。D52ですね。

D52 ゲートへ移動

40分前にLCCは搭乗を開始するのと、LCCは荷物棚の争奪戦ではやめに並ぶ乗客が多いので、早めにゲートに向かうことにします。

お水の相場は、売店ですと2個で6€とバルセロナより高め。自販機があればそちらの方がやすいかも。

このteikaという自動販売機、マラガの空港ではよくみかけました。

スペインでは、空港のお水が高いという利用者の声があり、これから空港に設置する新しい自動販売機などは、お水の値段を低く設定しているところと契約していくみたいです。(他のヨーロッパの国に比べたら安いほうですけどね)

Dゲートに向かいます。

搭乗ゲート前に来ると、すでにかなりの乗客が集まっていました。

まだ、グループを表示するフラグは立てられておらず、、どこに並べばいいかわからない状況でしたが、

一番前に並んでいる慣れていそうな人にきいたら、この列はおそらく〇〇グループと教えてくれました。

その後、しばらくしてフラグがたてられましたが、予測はあっていました。

マラガの夕暮れ、、美しいです。

まとめ:マラガ空港はとても便利でした

  • 今回は、1月のクリスマス休暇後の閑散期の利用でした
  • 空港へのアクセスがとてもよくて羨ましい限り
タイトルとURLをコピーしました